top of page

コーヒー大好き!コーヒー消費量世界トップのスウェーデンとサンフランシスコに学ぶサステナブルコーヒーってなんで必要なの?


Better Life Artistのpodcastは「あなたのゴキゲンが世界をサスティナブルにする」をテーマにさまざまな分野のゲストにお招きし、あなたの生活がより健やかになるノウハウをお届けする番組です。この記事は、エピソード25をわかりやすくまとめました。




ココ
日本生まれ日本育ちの31歳。オーストラリアやイギリスに滞在後、スウェーデンの大学院へ。東京で3年勤務したのち、本社のストックホルムオフィスへ転勤。サステナブルライフに興味を持ち始めて、YouTubeやInstagramで北欧から発信。現在北欧デザインの会社でマーケティングを担当。第一子を授かり現在育休中。

YouTube:https://www.youtube.com/cocoengstrom
Instagram:https://www.instagram.com/coco.engstrom
Twitter: https://twitter.com/coco_engstrom

コーヒーの市場規模は石油に続き第2位!

今井みさこ(以下・み):「このテーマにした理由は、コーヒー消費量世界一と呼ばれるスウェーデンのコーヒー文化とサステナブルコーヒーについて一緒に考えたいと思ったの。

コーヒーの市場規模はとっても大きい。世界60カ国以上、アフリカや中南米などの熱帯雨林で生産されているコーヒー豆。 その総取引額は年間800億ドルと石油に次ぐ市場規模で、途上国にとっては重要な産業となっています。コーヒーを飲む人たちがサステナブルな選択をできるようになることは、社会的インパクトがとても大きいことです。

コーヒーを生産するアフリカや中南米などの生産地域の自然環境の保護や再生、減農薬/無農薬栽培の推進、生産者の収入の安定化などサステナブルな社会になっていくために、コーヒーはさまざまな課題につながっています。つまり、コーヒーを好きなわたしたちがサステナブルなものを選ぶとことが大切なんです。コーヒーを購入するわたしたちのちょっとした変化の積み重ねが、すべての人の持続性に繋がっていきます。ココちゃんは、コーヒー好き?」


ココ(以下・コ):「コーヒー大好き!スウェーデンでは、”Fika”という言葉があって、意味は「お茶する時間」。この”Fika”はスウェーデンの人にとってとても大切な時間です。会社で週に一回はしっかり座って”Fika”します。これはコミュニケーションの時間として、会社の人間関係を円滑に進めるためにも役立っています。スウェーデンの人は1日3杯〜6杯のコーヒーを飲みます。私はコーヒーがないと一日がスタートしない!って感じてしまうほど、コーヒー大好きです。みさこちゃんのInstagramを見て、サステナブルコーヒーについて投稿していたよね。その内容、とても勉強になったよ。サンフランシスコのコーヒー事情についても教えてほしいな!」