top of page

立命館アジア太平洋大学 新学部「サステイナビリティ観光学部」の記者発表の様子をレポートします!

APUで学んだ人たちが世界を変える

2023年4月 立命館アジア太平洋大学に

「サステイナビリティ観光学部」が開設されます!


シリコンバレーのイノベーションを牽引するスタンフォード大学で、70年ぶりに新しい学部が2022年秋に設立されるとニュースになっていましたね。スタンフォード大学は、グローバルな気候変動危機への対策を加速させることを目的する「スタンフォード・ドア・サステナビリティ・スクール(Stanford Doerr School of Sustainability)」という学部だそうです。どんなカリキュラムなのかとても気になりますよね。

いずれこの学部についてもシリコンバレー在住であるゴキゲンらぼ代表の今井みさこからレポートができたらと思っています!

さて、本題に。2022 年 9 月 12 日 、立命館アジア太平洋大学(以下略称・APU) の新学部「サステイナビリティ観光学部」開設の記者発表会へお邪魔してきました。APUの学長、副学長をはじめ、新学部長、新学部の教授陣も多く参加されていました。

APU は大分県別府市に本部を置く日本の私立大学です。今回開設される新学部「サステイナビリティ観光学部」は、「アジア太平洋学部」、「国際経営学部」に次ぐAPU3 番目の学部となり、開学以来初の新しい学部になるそうです。

APUには現在、世界94カ国の地域の学生が在籍。また、世界161カ国の地域に卒業生を輩出しています。さらに、グローバルフィールドで活躍する人材を2万人以上輩出した実績があります。

新学部「サステイナビリティ観光学部」は、地域の資源循環と価値創造から持続可能な社会を目指す、世界を変える人材を育成することをミッションに掲げています。さらに、日本唯一のサステイナビリティ観光学=”サステイナブル”と”ツーリズム”を学べる学部だと伺い、詳しいお話を聞きに行ってきました。


世界を変える人を育てる。APUならではの3つの独自性


学長である出口治明さんから

「これまでのAPUの教育方針である「混ぜる」という要素を拡大し「混ぜる×解を出す」を目指していくこと。「サステイナビリティ観光学部」は、サステイナブルであるものは観光であり、観光はサステイナブルである」というお話から記者発表会がスタートしました。