top of page

サステナブルな時代にこそ、ゴキゲンが鍵♡ 私たちが伝えたいBetter Life Artistなライフスタイル




サンフランシスコ在住のサステナブルママ・今井みさこがお届けするBetterLife Artistのpodcastの内容を抜粋してお届けします。

Better Life Artistのpodcastは「あなたのゴキゲンが世界をサスティナブルにする」をテーマにさまざまな分野のゲストにお招きし、あなたの生活がより健やかになるノウハウをお届けする番組です。




3回目のテーマは
Better Life Artistが伝えたいこと・共感していること・やっていきたいことです。今回は、Better Life Artistを一緒に運営する木村真悠子さんとお話ししていきます。
ライター:木村真悠子

“サステナブル”はトレンドでもブームでもない新しいライフスタイルの分野であり選択肢!

まゆこ(以下・ま)「まずは、Better Life Artistの解説と

みさことサステナブルの出会いを教えてください!」

みさこ(以下・み)「Better Life Artistとは、わたし(今井みさこ)が作った造語で、ベターライフは、より豊かなライフスタイルという意味で、アーティストは、表現する人を意味しています。Better Life Artistを通して、新たな出会いや知識、記事で知ったアイテムや人など、Better Life Artistを知ってよかった!ゴキゲンになれた!と思ってもらえたら嬉しい。そして、そんなゴキゲンの輪をどんどん広げていきたいです。よろしくね」

「4年前、サンフランシスコに移住した時、日常の中でよく目にする言葉の一つにSustainable(サステナブル), Sustainability(サステナビリティ)という言葉があったの。買い物をしにスーパーマーケットに行くでしょ。そうするとそのスーパーだけで最低10コは文字情報として入ってきた!例えば、野菜は量り売りが多いし、パッケージはプラスティックではなく、土に戻る素材を使ったコンポスト可能なの袋だったり。飲み物もガラス瓶が多くて、デポジット(預かり金)でガラス瓶を返却するスタイルが主流。コスメは成分もオーガニックや植物由来のものだったり、フェアトレードな商品であることがわかるようになっていたり。食だけではなく、これだけのアイテムにサステナブルな要素があるってことは、選んでいる人がたくさんいるんだって思って。これは詳しく知る必要が絶対にある!と感じたの。その出会いからイリノイ大学の Introduction to Sutainabilityの学位を修得する事に繋がって。授業を受け始めたら、目から鱗で!サステナビリティの学びが楽しくてワクワクして!このワクワクは絶対私だけじゃなく、いろんな人に感じてもらいたいと強く思ったんだよね」

「なるほど!素晴らしいね!身近にあるものだからこそ、知ることって大切。日々は選択の連続だし、知識を得ることは、その選択肢を理解するきっかけだよね。みさこがイリノイ大学で学んだことを英語から日本語に訳して、伝えてくれることはとても意味があることだと感じているの。日本だと、サステナブルって言葉の意味や、サステナブルの浸透の仕方にちょっと疑問を持ってるんだよね。日本だとサステナブルとSDGsがごちゃっとしてる人もいると感じるのよね」