【12/3(土)イベント開催!】サステナブルで健やかな人生を生きよう!〜ゴキゲンらぼのトークイベント〜



こんにちは!シリコンバレー在住ゴキゲンらぼ・代表の今井みさこです。

今回のイベントは、ゴキゲンらぼを応援してくださる方々とゆったりと充実した時間を過ごしたいと考えて企画しました。 参加してくださった方には、ゴキゲンてらすの地球を感じる坐禅から「ウェルビーイングとはなにか!?」を考えるきっかけに、また、ゴキゲンらぼの今月のサステナ部で新たな社会とあなたの健康につながる学びをお届けしたいと考えています♡ 年に数回となる、とても貴重なトークイベントです。

いつもゴキゲンらぼを応援してくれるみなさんと直接お会いできることを楽しみにしております!





出演者のご紹介 スペシャルゲスト

エシカルジュエリー HASUNA (ハスナ)Founder & CEOの白木夏子

ジュエリーブランドHASUNA Founder & CEO、ブランドプロデューサー・ディレクター。 武蔵野大学 アントレプレナーシップ研究所 客員研究員。 英ロンドン大学卒業後、国際機関、投資ファンドを経て2009年に株式会社HASUNAを設立。



僧侶・小杉瑞穂



ゴキゲンらぼ代表・今井みさこ

シリコンバレー在住。サスティナブルやSDGsの中心地であるサンフランシスコで刺激を受け、ゴキゲンらぼ の活動をスタートさせる。

イェール大学 The Science of Well-Being, イリノイ大学Introduction to Sustainability, エラスムス・ロッテンダム大学Driving business towards the Sustainable Development Goalsのコースを修了し、世界のトップ大学で学んだ知識を生かしたサステナビリティ・SDGsの最先端の知識を発信している。一児の母。



放送作家・横山龍太

SDGsをもっと身近に分かりやすく「クイズでSDGs」発信


ビデオメッセージ参加


アミ

ハワイ在住。サステナブルな暮らしを紹介しているインスタグラマー


ココ

スウェーデン在住。サステナブルな北欧暮らしを発信するYouTuber


協賛企業

参加者全員にプレゼント!!

Skoy Japan


Skoy Japanのキッチンクロスとスクラブはどちらも天然素材からできており、コンポスト可能は環境負荷が少ないキッチン用品です!

プラスチック製のスポンジを使うことで、マイクロプラスチックが海に流れ海洋汚染が懸念されますが、このSkoy Japanのキッチン用品を使えば、そういった心配もなく、安全にお使いいただけます!


Skoy クロスは、ペーパータオル、スポンジ、雑巾、皿布巾などの代わりに使用できる画期的なクロスです。ヨーロッパ製のSkoyクロスは、キッチンやバスルームだけでなく、オフィスやガレージなどの清掃、洗車やアウトドア、キャンピングでも大活躍!


KOYスクラブは、コットンと食品グレードの無害な硬化剤で作られた、ユニークな再利用可能なスクラブ(たわし)です。ご自宅の古い緑色や茶色いたわしやスクラブスポンジを、カラフルでトレンディなSkoi Scrubに置き換えてみませんか。長持ちして環境に優しいスクラブは、コスト削減とゴミの抑制に役立ちます!

環境に優しく、また掃除が簡単に!Skoyのキッチン用スクラブは、食器洗い機でも簡単にお手入れできます。スクラブに食べかすが付着した場合は、スクラブを擦り合わせるだけでOK!

今回のイベント参加者全員にプレゼントいたします!!

商品について詳しくはこちらを御覧ください。


大泉物産

大泉物産は、新潟県燕市で70年続くカトラリー製造販売の会社です。そのカトラリーは、世界中で愛され世界各国でさまざまな賞を獲得しています。ステンレスはリサイクルしやすい素材で、匠な技術で作られたカトラリーは長く愛用することができます。


イベント当日にクイズ正解者へ大泉物産のカトラリーのプレゼントをいたします。


新越ワークス スリースノー

これまで過去に2回ゴキゲンらぼでインタビューさせていただきました。

スリースノーは、燕市で58年に渡り業務用厨房用品を続けている製造販売メーカーさんです。丈夫で使いやすいスリースノーの商品は、ラーメン店、うどん、蕎麦店、そうめん店などで幅広い飲食店にて使用されています。


ゴキゲンらぼのサーキュラーエコノミー活動に参加!



当日の会場では、ゴキゲンらぼと大泉物産の顔が見えるサーキュラーエコノミー活動「ステンレスカトラリーの回収」を行います。

お家でご不要になったステンレスカトラリーをお持ちいただけますと、協力企業である大泉物産と新しいカトラリーに生まれ変わるリサイクル活動にご参加いただけます。


これまで、京都府亀岡市の市役所でゴキゲンらぼと大泉物産の「ステンレスカトラリーの回収」を行い3kgものカトラリーの回収に成功しました。

ゴキゲンらぼと大泉物産は現在持ち運びできるカトラリーのコラボ商品開発を行っています。販売するからには、不要になったものを回収してカトラリーに息を吹き返す循環をつくりたい。そんな想いから、顔が見えるサーキュラーエコノミー活動として「ステンレスカトラリーの回収」を行っています。地方自治体では、さまざまなリサイクル活動が行われていますが実際はどうなっているのか、わからないですよね。

ゴキゲンらぼの「ステンレスカトラリーの回収」は、大泉物産で新しいカトラリーになるという透明性高く企画している点がおもしろいですよね。