top of page

4月22日はアースデイ(地球の日)これならできそう!地球に優しいサステイナブルな選択を紹介

更新日:2021年8月19日

4月22日はEarth Day(地球の日)と呼ばれる日なのはご存知でしょうか?


実は世界中で環境に関するさまざまなイベントが開催されるとても重要な一日なのです!Googleの検索ページのトップもEarth Dayになっています。




サステナブルな活動を日々意識している自分にとってもこの日は特別です。この記事では、Earth Dayに関連して、環境問題に対するアメリカと日本の取り組み、わたしが行っていること、おすすめの環境問題に関するメディアを書いていきます。



Earth Dayってなに?


Earth Dayは1970年にカルフォルニア州ではじまった環境保護活動です。

高度経済成長時代に、産業廃棄物により大気汚染が原因で深刻な人体への影響が拡大していました。それを目にしたアメリカの上院議員で環境活動家のゲイロード・ネルソンが1970年の4月22日に討議集会を開いたのが起源です。


当時のアメリカ総人口の10%にあたる2,000万人のアメリカ人が街頭や公園、講堂などでデモに参加しました。これ以降、Earth Dayを主催するEARTHDAY.ORGは、世界最大の環境保護活動団体に成長し、世界192カ国、75,000以上のパートナーと協力して、地球のためにポジティブな活動をしています。


今年は、Earth Dayオンラインイベントを開催している他、世界各地でイベントを開催しています。マップであなたの地域で開催しているかチェックしてみてください。


このサイトでは、周りの人たちと環境問題について話すときに使えるツールキットや地球問題に関するクイズもあり、現状を学び、周りの人にどうやってアイデアを共有すればいいのか知ることができます。


参考までに、2050年まで今のまま温室効果ガスを排出していくと以下のような事態が起きると予想されています。

・大気中の二酸化炭素濃度が上昇を続け、酸性化が進む南極海で動物プランクトン(翼足類)やサンゴが死滅する
・地球の温暖化が続き、この年までに100万種以上の陸生動植物が絶滅する
・開発による環境破壊が続き、アマゾンで熱帯雨林の40%(200万平方キロ)が失われる
・地球温暖化の影響により、国内の天然ブナ林が56%減少する
・2050年から2060年の間にアフリカの最高峰キリマンジャロの氷河が消滅する

人間がこのままの生活を続けていくことで地球やわたしたちも含めた全生命が危機にあることがわかります。