top of page

北欧YouTuber Cocoさんと考える!シリコンバレーとスウェーデンで加速する女性の社会進出と子育て!


Better Life Artistのpodcastは「あなたのゴキゲンが世界をサスティナブルにする」をテーマにさまざまな分野のゲストにお招きし、あなたの生活がより健やかになるノウハウをお届けする番組です。この記事は、エピソード27をわかりやすくまとめました。




ココ
日本生まれ日本育ちの31歳。オーストラリアやイギリスに滞在後、スウェーデンの大学院へ。東京で3年勤務したのち、本社のストックホルムオフィスへ転勤。サステナブルライフに興味を持ち始めて、YouTubeやInstagramで北欧から発信。現在北欧デザインの会社でマーケティングを担当。第一子を授かり現在育休中。


サステナブルと女性の社会進出。

今井みさこ(以下・み):「今回のテーマはサステナブルな女性の社会進出についてです。このテーマで、以前にクラブハウスで話したよね。その時は、スウェーデン在住でママであるココちゃんとサンフランシスコ在住のキャリアウーマンMiaさんとわたしの3人で、すごい白熱したトークになったよね。このpodcastを聞いて、海外の情報を知ることでちょっとでも視野が広がったと感じてもらえたら嬉しいな。今育休中だよね、スウェーデンの制度がすごく興味深かった、教えて下さい。他にはどんな制度があって実際に活用してる?」


ココ(以下・コ):「そうなの。今人生初めての育休中です。私は産休に入ったのが予定日の3週間前。国の制度としては産む6週間前から産休に入って手当をもらうことができるよ。わたし出産2ヶ月前に上司に伝えて、産休についての相談をしたよ。わたしの上司は女性で、報告したら涙しながら喜んでくれて、上司がそんなに喜んでくれると想像していなかったから、感激しちゃった。そして、もう一つ嬉しかったことばが『あなたの代理はあなたがいない期間だけで雇うから、帰ってきてもポジションあるからね』ということ。それは労働法で守られている当然のことなんだけど、そうやって言ってくれると気持ち的に、『ああキャリアに穴を開けても、帰ってこれる。』って感じられたのがほっとしたな。


スウェーデンの育児手当は、親が2人いるとしたら2人合わせて480日(1年4ヶ月くらい)育休手当がもらえます。どの割合で育休日数を2人で分けるかはパートナーと決めます。

480日のうち390日は普段もらってる給料の金額をベースに8割が手当としてもらえます。 もちろん、上限があって、月に38万円ほどが最大の金額です。会社によってはその最大の金額を超える分を補ってくれるところも。年収が低い人とか学生とか収入がない人は最低でも半年間は10万円ほど毎月もらえるようになっています。

あとは、子ども手当が毎月1万5千円ほどもらえて、それがなんと子どもが16歳になるまであるんです

我が家はその費用をサステナブルな企業に投資したり、子どもが大きくなった時にどんな世の中になってて欲しいか考えて使うようにしようって決めたんだ。WWFとかに募金もいいなと思ってる。WWFの募金についてもこの前インスタで触れていたよね!教えてくれる?」