top of page

金属加工技術が世界から認められた新潟県燕市にてサステナブルツアーを開催!
通水100周年を迎える大河津分水の歴史を学ぶ!

2022年4月、ゴキゲンらぼのサステナブルツアー@新潟県燕市を開催しました。サステナブルを実践しているスポットをはじめ、燕の産業の歴史に触れるツアーのナビゲートは#サステナ部のサポート企業でもある新越ワークスのスリースノー事業部部長の山後隼人さんに依頼しました!当日のレポートをお届けします。



左:木村まゆこ 中央:今井みさこ 右:山後隼人さん
この日は、大河津分水さくら公園の桜が見頃を迎え、訪れる人々を楽しませていました。

プロが愛用するスリースノーのざるづくりを見学

燕三条駅に到着後、まず向かった先は、まどろむ酒器を制作する新越ワークス、スリースノー事業部の工場!スリースノーさんは、燕市で58年に渡り業務用厨房用品を続けている製造販売メーカーさんです。網のカットから検品まで丁寧に作業されている様子を見せていただきました。丈夫で使いやすいスリースノーの商品は、ラーメン店、うどん、蕎麦店、そうめん店などで幅広い飲食店にて使用されています。また、今話題の料理研究家の一人でもあるタサン志麻さんがザルを愛用していることでも有名なんですよ!




新越ワークス、スリースノー事業部部長山後隼人さんのインタビュー記事はこちらから読むことができます。