top of page

日本初のレジ袋廃止条例を制定した京都府亀岡市の条例制定までの歩みを学ぶ!




2022年4月末、ゴキゲンらぼのサステナブルツアー@京都府亀岡市を開催しました。とても内容の濃いツアーとなった様子を連載形式でみなさまにお届けしたいと思います。


第一弾は、大阪商業大学公共学部公共学科の准教授として海洋プラスチック問題を研究されている減プラスティックのキーパーソンであり、ゴキゲンらぼのアドバイザーも務めてくださっている原田禎夫先生とご一緒した亀岡市役所でのインタビューの様子をお伝えします。


お話ししてくださったのは、全国初のプラスチック製レジ袋の提供禁止条例の制定に尽力され、使い捨てプラスチックごみゼロを目指す亀岡市の環境政策を担われている環境先進都市推進部長である山内剛さん

一般廃棄物の適正処理や更なる資源化を推進するために亀岡版ゼロエミッションの策定に携わられている 環境先進都市推進部資源循環推進課長の大西光治さんです。 こちらの記事は、前編、後編でお届けしますね!とても興味深い対談の様子を余すところなくご紹介します!



*左:亀岡市の環境政策を担われている環境先進都市推進部長である山内剛さん
*右:亀岡版ゼロエミッションの策定に携わられている 環境先進都市推進部資源循環推進課長の大西光治さん
ゴキゲンらぼのシールを携帯に貼ってくださいました♡

マイバッグを持ち歩くことが、ゴミを減らす大きな一歩に

原田さん(以下・原):「保津川下りの船頭である豊田さんたちとNPOを作り、海ごみ、川ごみ問題を何とかしようと取り組み始めた時、亀岡市の計画の一番上位にある総合計画の策定の審議会にも委員として参加することになりました。 その中で「海のプラごみの問題を何とかしましょう」と議論しました。私はNPO代表という立場で、その時の担当係長が山内さんでしたね。最初は海ごみを亀岡市から無くしましょうって言っても、「亀岡で海ごみの話?」と、言われた側はちんぷんかんぷんだったんじゃないでしょうか?


山内さん(以下・山)「はい(笑)。はじめはどういう意味なのか、正直分かりませんでしたね」


:「そこから一緒に計画を作り、2011年から市の計画がスタートして具体的な取り組みが始まりました。もう11年になるのですね。