top of page

【10分でわかる!サステナブル・SDGs】有名モデルも注目するサステナブルファッションってなに?


Better Life Artistが「あなたのゴキゲンが世界をサスティナブルにする」をテーマにさまざまな分野のゲストにお招きし、あなたの生活がより健やかになるノウハウをお届けするPodcast番組「Better Life Artist−ゴキゲンな暮らし−」のエピソード21をわかりやすく記事にまとめました。


ローラさん、水原希子さん、森星さんなど有名モデルさんも注目するサステナブル・エシカルファッションについてわたしが学んだイリノイ大学 introduction to sustainability とエラスムス・ロッテンダム大学の Driving business towards the sustainable development goals の知識をもとに解説していきます。この記事に参考URLも掲載しているので、さらに知識を深めたい人はチェックしてみてくださいね!


【10分で知れる!サステナブル・SDGs!】

日々、忙しいママの隙間時間に、サクッと楽しくサステナブル・SDGsを学べる企画に

なっています。

今回のテーマはサステナブル・エシカル・ファッションです。

今井みさこ(以下:み)「今回は、よく目にしたり耳にするサステナブルファッションについてわかりやすくお話していきたいと思います。まず、サステナブルファッションとは、アパレル衣服の生産から廃品や回収、リサイクルまでの一連のプロセスにおいて、持続可能であることを目指す取り組みです。単に、リサイクル素材を使うだけでなく、地球環境や労働環境など、製品の背景まで考えた、包括的にサスティナブルであることを目指したファッションを指します​​。ファッションモデルで活躍するローラさんやkikoさん、森星さんなどが個人のサステナブルブランドを立ち上げたりすることがニュースになったり、気になっている方も多いですよね。」



木村まゆこ(以下・ま)「洋服をみせることが仕事のモデルさんたちの動きから、サステナブルファッションやエシカルファッションは雑誌やテレビでも多くの取り上げられているよね。たくさんのメディアが、なぜ取り上げているのか、その背景をきちんと説明したいよね」


「うん!なぜ今、サステナブルファッションやエシカルファッションが注目されているのかというと、環境への配慮について世の中がより関心を持つようになったという点があると思うの。例えば、石油や水を使用することや、フェアトレード、土壌汚染などが挙げられています。」


そして今、こんな数字も発表されているんです。



1、毎年、世界中で生産されている服の数は、1000億着。これは、地球上のすべての人に14着が行き渡る計算になります。
2、毎年、世界中で着用可能な服が、46兆円分も捨てられています。これはタイのGDPより多い金額です。
※Your Plan,Your Planet 

3、ファッション業界全体で、年間21億トンもの二酸化炭素を排出しています。 これは、約5億台の自動車から発生する排ガスに相当します。さらに、工場の動力源、輸送、素材調達などのあらゆる場面で化石燃料を使っています。
※Allbird公式サイト 

4、コットンTシャツ1枚を生産するために必要な水の量は、2,720リットルにも及びます。※The water footprint of cotton consumption 
また、服の色を染める工程で出てしまう汚染水が川や湖の水質を悪化させて、そこに住む動植物の生態系にも影響を与えてしまっているんです。

5、2021年8月に発表された、最新の地球温暖化の科学の報告書:IPCC第6次評価報告書では、人間が化石燃料(石油、石炭、天然ガス)を使用することが原因で気候変動が進んでいること明記されていました。


「大規模な気候変動を避けるために化石燃料をなるべく使わない世界にするためには、ファッション業界の変化が求められているんだよね。」