top of page

ビリー・アイリッシュ実践するヴィーガンって何?“ベジタリアン”、“フレキシタリアン”、“プラントベース”をBetter Life Artistが解説します


サンフランシスコ在住のサステナブルママ・今井みさこがお届けするBetter Life Artistのpodcastの内容を抜粋してお届けします。

Better Life Artistのpodcastは「あなたのゴキゲンが世界をサスティナブルにする」をテーマにさまざまな分野のゲストにお招きし、あなたの生活がより健やかになるノウハウをお届けする番組です。





今回のテーマはヴィーガン、ベジタリアン、フレキシタリアン、プラントベースについてです。

フードアイデンティティは

アレルギーによる体調不良からなる食事法なんです!

みさこ(以下・み)ヴィーガン、ワナヴィーガン、ベジタリアン、フレキシタリアン、プラントベースなどのことをフードアイデンティティと総称するんだけど、日本で聞きなれないカテゴリーはある?」

まゆこ(以下・ま)「日本ではワナヴィーガンやフレキシタリアンはあまり馴染みがないかもしれないわ。フードアイデンティティ自体の正しい理解が日本で浸透していないかもしれない!」

「解説していくね。まずヴィーガンは、卵やチーズ、魚などを含む動物由来のものを一切口にしない人のことを指すの。さらに動物製品も買わないライフスタイルも含まれています。

ワナヴィーガンは、ビーガンな選択に興味がある人、ヴィーガンになりたい人のことを指します。動物性よりも植物性を好んでいたり、プラントベースを意識している人のことです。

ベジタリアンは、聞いたことがある人も多いかな。肉を食べない菜食主義者のことです。

そして聞きなれないというフレキシタリアン は“flexible”(柔軟性) と“vegetarian”(ベジタリアン)を組み合わせた造語。基本は植物性食品が中心だけど、時には肉や魚も食べるという柔軟なベジタリアンスタイルを取る人のことです。

プラントベースは、植物由来の食事を中心とした食生活のことを指すの。なぜ、このようなフードアイデンティティが増えたと思う?」